About us

コンセプト

伝統と文化が育んだ美意識を日本の宝として伝えたい。

私ども株式会社岩佐は、1928年(昭和3年)の創業以来、わが国の伝統と文化をまっすぐに見つめ、鼻緒、草履、和装向けハンドバッグ、フォーマルバッグの製造を通して、装いと嗜みを支え続けてまいりました。お洒落が多様化する現代にあって、なお変わらぬもの、決して変えてはならないもの。それはフォーマルな席での凛とした姿であり、礼節を重んじる折り目正しい心です。日本の装いの美しさは、日本の職人の手の中から生まれ、大和撫子によってのみ表現されると信じ、弊社はすべての商品を国産にて提供しております。伝統と文化が育んだ美意識が宿る「IWASAのフォーマルバッグ」。お客様の美しさをより一層引き立てることを心より願っております。

岩佐外観
道具

1928年創業。時代を超えて愛されるIWASAブランドへ。

全国を見渡しても、和装バッグの生産地は弊社が本社を置く大阪と東京下町に限られています。その理由は、これらの商品がすべて職人の手づくりによって生み出されていて、機械による量産が難しいからです。1928年(昭和3年)、鼻緒のメーカーとして大阪で創業した岩佐は、1960年代に入ると和装向けハンドバッグの生産を開始。続いて1980年代にはフォーマルバッグの製造を始め、着実に事業を拡大してまいりました。1世紀になろうとする社史において、常にその成長を支え続けてきたのは、手仕事のまち、大阪に根差す腕利きの職人たちでした。高齢化による人材不足やコスト削減などから多くの企業が海外生産へシフトする中、弊社は一貫して国産にこだわっています。雇用した人材を熟練の職人のもとへ送り出し、先達から匠の技を学ばせ、弊社のものづくり現場へと持ち帰る。こうした地道な取り組みが実を結び、HANDMADE IN JAPANの「IWASAブランド」が誕生しました。歴史、伝統、風土の礎の上に力強く立ち、岩佐は今後もお客様のご期待に応えてまいります。

わが国由来の紙と金具を使い、厳選した上質の布で仕上げる。

「IWASAのフォーマルバッグ」は材料すべてが国産です。儀礼の席にふさわしいきちんとしたフォルムを形成する芯材には、国産の木材からつくった丈夫な紙を使用。日本製の紙はしなやかな曲りと強さ、高い耐久性が特長で、弊社では紙の縦目と横目を見つめ、最適に使い分けています。フォーマルバッグは通常、持ち手部分を除いて縫い合せがなく、大半を伝統技法の貼り合わせによって仕上げます。その際に使う接着剤も国内で開発し、高品質で安全、環境にやさしいものを使用。また、金具類については、汚れやキズが付きにくいよう高さを計算した底鋲、枠を設けて機能性を高めたマグネットなど、使う方の立場に立った使用感を追求しております。さらに、フォーマルバッグの表情を決める布地は、染料の吸着性に優れ、上品な風合いを持つトリアセテート、エレガントな質感のシルク、フォーマル用に染め上げたポリエステルなど、さまざまな素材を取り入れ、表地、裏地ともに深い黒を表現しています。心地よい感触と凛とした姿形はこうした厳選素材によって生み出されます。

金具
人の手が生み出す実用の芸術

人の手が生み出す実用の芸術。技能伝承の結晶をお手もとへ。

礼を尽くしたきちんとした装い、お悔やみの席にふさわしい振る舞い。フォーマルシーンほど、参列者の嗜みが問われる場所はありません。弊社ではフォーマルバッグという小さなアイテムに、日本女性の奥ゆかしさと嗜みのすべてを凝縮しています。職人の手仕事はまず、裁断した芯に布を被せ、布を丁寧にへり返していくことから始まります。研ぎ澄まされた指先の感覚でイセを取りながら1mm単位で貼り合わせ、一つひとつのパーツを組み合わせて立体的な形に整えていきます。芯材に入れる罫線一本で性能に差が生じ、長年の経験による勘と冴えが求められる厳格な仕事です。岩佐のフォーマルバッグは、ひとつの型式(品番)を同じ職人が生涯担当するのが通常。それだけに商品に対する思い入れも強く、自らの手の中から生まれた商品に誇りと愛情を持っています。こうした職人文化こそがものづくりの要であると考え、岩佐では未来の職人の育成に力を注いでいます。技能伝承に誇りと真心を込めて、私たちはこれからも人の手が生み出す実用の芸術を追求してまいります。

端正なフォルムと深い漆黒に女性らしいしなやかさを添えて。

ブラックフォーマルが用いられるようになったのは明治以降。遺族はもとより、参列者全員が黒を身に付ける現代のフォーマルシーンでは、フォーマルバッグやアクセサリー、小物に至るまで黒が基調とされています。また、悲しみの席に殺生した皮製品を持ち込むのはタブーとされ、清廉な布製のバッグこそがふさわしいことはご存知の通りです。ただ、ひとくちに黒といっても、生地の種類や染めの方法によって濃淡が生まれ、このわずかな違いが装いのイメージに大きな影響を及ぼします。いかに深みのある黒を表現できるかによって品質が決まるといっても過言ではありません。お客様のフォーマルスーツによく似合う“岩佐の漆黒”は、式場でも、屋外でも、極めて深い品格のある色調を醸し出します。また、日本のフォーマル文化は伝統の形の上に築かれたもので、装いにおいても“正しい形を踏まえること”が重視されます。岩佐のフォーマルバッグは大き過ぎず、小さ過ぎないサイズと端正なフォルム、年齢を問わずご愛用いただける清楚なデザインを実現。凛とした中にある女性らしいしなやかさが、悲しみを美しさへと昇華させます。

鞄
生地

末永くご愛用いただくために、クオリティーへのまなざし。

一般的なご葬儀をはじめ、親しい方々のみで行う家族葬、お別れの会、偲ぶ会など、昨今では式の形態も多様化しています。どんなシーンにも調和する岩佐のフォーマルバッグは、きちんとしたフォーマルスーツはもとより、略装にも合わせやすいのが魅力です。雨の日のしめやかなお別れ、悲しみの涙など、フォーマルバッグは水滴と無縁ではありません。大切なフォーマルバッグを末永くご愛用いただくために、弊社では多くの商品に撥水加工を施しています。また、ご購入時の状態を維持すべく、抗菌・防カビ加工を施し、安心して保管いただけるようにいたしました。おしまいになる際は、水分や汚れを乾いた布で拭き取り、陰干ししてからお納めください。フォーマルバッグにはふくさ、念珠、財布、化粧品、ハンカチなどさまざまな物を収納します。マチの折り込み部分を大きく取って設計しておりますが、型崩れを防ぐために、詰め込み過ぎにはぜひご注意ください。クオリティーへのこだわりをお客様のご満足と愛着へ。岩佐はお届けした後もずっと商品のことを想い続けています。

老舗の粋をさまざまな装いで。しとやかな和洋の美しさを形に。

女性の足もとを彩る鼻緒からスタートした岩佐は、その歴史と伝統を現代に引き継ぎ、ブラックフォーマル以外の分野でも多彩なスタイルを提案しています。留袖、振袖に調和する表情豊かなフォーマルバッグや、帯地を使用したオリジナリティーあふれるバッグなど、お客様の個性とお好みに合わせてお選びいただけるアイテムを幅広く展開。また、岩佐のお家芸である草履につきましては、和服姿を引き締める粋を尽くした意匠はもとより、歩きやすさ、疲れにくさを考慮した履き心地に厚い信頼をいただいております。私たちはこれからも、人の手によるものづくりと、日本ならではの美しさを真摯に追求し、お客様の心に届く商品をご提案してまいります。

草履

歴史

  • 1928年
    大阪にて岩佐好助が鼻緒のメーカーとして創業
  • 1963年
    和装向けハンドバッグの生産を開始
  • 1965年
    現在の大阪市中央区日本橋に本社ビルを建設
  • 1971年
    株式会社に組織変更
  • 1977年
    2代目社長に岩佐亘純就任
  • 1981年
    フォーマルバッグの生産を開始
  • 1985年
    フォーマル事業部を設立
  • 1994年
    本社ショールームを開設
  • 2007年
    3代目社長に岩佐浩司就任
    本社横に新館を建設
  • 2013年
    ネット販売サイト開設
  • 2015年
    本社横にフォーマルバッグ展示場・工房を
    備えた新社屋が完成
株式会社岩佐

会社概要

  • 会社名
    株式会社 岩佐
  • 代表者
    岩佐 浩司
  • 資本金
    3,000万円
  • 創業
    1928年(昭和3年)
  • 所在地
    〒542-0073 大阪府大阪市中央区日本橋2-14-4
  • TEL
    06-6633-4681
  • FAX
    06-6644-0025
  • 業務内容
    和装バッグ・草履・フォーマルバッグの企画製造販売
大きな地図で見る
弊社では常時商品を展示しております。
小売店舗ではない為、お越しの際はお手数をお掛け致しますが下記までご連絡をお願い致します。
TEL.06-6633-4681(平日10:00~18:00)
メールでのお問い合わせはこちら about_img_09
page_top